月別アーカイブ: 2017年8月

私はクラシエよりもツムラを愛してます!I LOVE Kracie!

漢方にメーカーの種類があることは知っていますか? 結構知らない人が多いと思います。私は薬剤師なので知ってます。

「漢方」と聞いて、とりあえず思い浮かぶのは、大半はツムラの漢方だと思います。長方形で、真ん中に色がついた線があって、数字が書いてあって。

で、一日三回ってでてるけど、一日三回も飲めないんだよな~、なんて人も多いと思います。

患者さんで、飲み忘れが多くて、というのはよく聞くんですが、「ちゃんと一日三回飲んでますよ」って人がたま~にいます。

ほんとにたまに。それくらい、一日三回はめんどくさいんです。

で、それを受けて(かどうかは分からないけれど)、クラシエというメーカーが腰を上げました。一日二回にしたって変わらないでしょ、と。

それで、クラシエは一日二回の漢方を作りました。一日二回にするために、三回の量を足して二で割った量が一回分。

なので一日の総量はツムラと一緒。意味分かりますか?

ついてこられてますか?

ついてこられてない人のためにもっと簡単に説明すると、一日二回にして、お昼の分は半分ずつ朝と夕の袋にまとめていれたので、一日二回でいいけど、一回の量は多い。こう言うと分かりやすいでしょうか。

説明が難しい…。理系のくせに、こういうの、分かりやすく説明できないんだよなぁ。文章下手ですみません。

えっと、話が逸れました。

クラシエが一日二回の漢方を作りました。

ツムラの飲み忘れの多さに、お医者さんは結構困っていたところに、福音が!みたいな感じでクラシエが登場ですよ。

多くのお医者さんはツムラをやめて、クラシエに。

患者さんも、お医者さんから「一日二回でいい漢方が出たから」みたいな説明を受けているらしく、一日二回でいいんですよね、と言っています。

実は私も飲みました。

 

まずい! っていうかのみづれええ!!

 

というのが感想です。

今のところ、こういう表現の仕方が一番いいと思ってやってるので、別に文字稼ぎじゃないので、そこのところは納得してください。

話を戻します。

ツムラは顆粒状なんですが、クラシエは、なんと、粉なんです。すっごい粉っぽい。で、それがツムラの漢方の量よりも多く入ってるんです。

マジで飲みづらかったです。そして多いし。

私は速攻でクラシエをやめて、ツムラに戻してもらいました。さよならクラシエの補中益気湯。おかえりツムラ!って感じです。

患者さんにあとから話を聞くと、あんまり気にならないっていう人もいたりして。そうか、あれはそんなに気にならないのか。と思ったり。

でもやっぱり私と同じ感想を抱く患者さんもいたり。色々でした。

というわけで、私はツムラが好きです、という話でした。

この結果に至るまででよく1000文字も書けたな、となんか不思議な気分です。

思う様に動けなかった夏は油断も重なりリバウンドを

一時は腰のくびれも若干はっきりし、またお腹の脇の縦筋もぼんやり分かるまでに進展していたダイエットもここのところの暑さで思う様に捗らない有様。

室内に居る時でさえも、ちょっと動こうとしただけで途端に汗が吹き出し、身体はオーバーヒート寸前となり、ダイエットをしようという意欲さえ根本から削いでいってしまいます。

ここ数日でだいぶ朝夕の涼しさが増し多少は動ける状態になってきたものの、それでも日中はまるで身体が動かず、そのせいか再びお腹に余計な肉が溜まり始めた様な気がしています。

お腹、特に脇腹の痩せ具合はパンツにベルトを通してみればすぐに分かるもの。

ダイエットが順調に進みその効果もはっきり出ていた頃は、穴3つ分余裕で締められたものですが、現在は穴2つ分でちょうど良いという感じ。

穴3つ分では若干苦しく、やはり体重を見なくとも若干リバウンドしてしまったのは明らかです。

それ以上に目立つのが、パンツの上に乗っかってくる脇腹の肉の量。ここ数週間はさすがにスッキリとせず贅肉の乗っかりが増えてしまっており、秋からは気を引き締め直してダイエットに励まないと、と決断するに十分でした。

現在メインで穿いているパンツのウェストが76センチのMサイズ。

痩せていた頃はもうワンランク下の73センチでも余裕で穿けていましたから、このままでは体型さえ崩れてしまう、という危機感は感じていました。

ただ今年は自分でもビックリする位に夏バテが酷く、身体を動かしたいと思える強い動機に欠けていたのも事実だったのです。

今秋はこれまでにも増して意欲的にダイエットをこなさなければなりません。

これまでは適度にジョギングやウォーキング、室内運動を織り交ぜて取り組んできましたが、今後は適正消費カロリーもプロに見てもらうべく、近郊にあるジムやフィットネスクラブにも手を出してみようかな… とも思っています。

またきついアップダウンを連続して踏破する登山やトレッキングもダイエットに大変効果的である、という事は知っていましたから、この秋のベストシーズンをきっかけに山登りデビューも果たしてみようか… とも考えたり。

いずれにせよ、何らかでも自分の興味ある事と上手く組み合わせて取り組んでいかなければ、只苦しいだけではダイエットも長続きしませんし、楽しんで痩せられなければ意味が無いでしょう。

お腹周りをなるべくスッキリさせ綺麗な体型を取り戻したいというのはもちろんですが、それにも増して、健康体でこれからの好きな事に相対していきたいという気持ちの方が強いのです。

産後の抜け毛とホルモンバランスを整えるために、漢方を服用しました。

産後の抜け毛が酷く、円形脱毛症も発症してしまいました。

外出をする際は帽子が必須で、泣きたくなりました。

円形脱毛が出来た時にこれは異常だと感じ、近くの皮膚科を受診しました。

医師は私の髪を引っ張ったり、器具を使って見たりしましたが結局「ホルモンバランスの乱れからくる脱毛症」としか言われませんでした。

脱毛症は特効薬がないので、血行を良くする塗り薬だけを処方されました。

塗り薬をふりかけても、効果のほどは感じられませんでした。

それより、一向に抜け毛が減らないことが不安でたまりませんでした。

このまま全部抜け落ちて、カツラ生活になってしまうのだろうか。

そんな不安が常に頭の中を駆け巡り、産後ということもあってわたしは情緒不安定になっていきました。

育児でてんてこ舞いの毎日でしたが、ふと鏡を見た時の悲しみは何とも言えません。赤ちゃんの前でないてしまったこともあります。誰とも会いたくないと気持ちも塞ぎ込みがちになってしまいました。

心配した夫が、色々と髪の毛のことを調べてくれて、脱毛症に強い病院を見つけてくれました。その頃にはわたしの髪は地肌が見えるほどで、本当に悲惨でした。

脱毛症の専門医とされる医師に今までの経緯を話しました。女性医師だったのでとても話しやすかったです。その医師はわたしの髪の状態を調べ、毛根が細くなっていることを指摘しました。産後の抜け毛はよくあることですが、私の場合は症状がかなり酷く出ていると言われました。

そして漢方を飲んだことがあるかと聞かれ、私は首を振りました。脱毛症に効果のある漢方があるのですが試してみませんか、と言われました。漢方なら副作用も少ないので、安心して飲めることも教えてくれました。

できることは何でも試したいという気持ちだったので、私は漢方治療を始めることにしました。処方された漢方は、柴胡加竜骨牡蛎湯という舌を噛んでしまいそうな名称のものでした。1日3回食前に服用します。

はじめは慣れないニオイにウッとなりましたが、慣れてくればささっと飲めるようになりました。

美味しく飲めるのは、その漢方が自分に合っているからだということを聞き、私は少し嬉しくなりました。

漢方は効果がで始めるのが遅いようで、最低3ヶ月は待ってくださいと言われました。即効性のある薬より、私にはゆっくりジワジワ効いてくれる方が安心でした。

飲み始めて2ヶ月を過ぎた頃のことです。抜け毛がピタッととまりました。そして飲み始めて3カ月後には産毛のような細い毛が一斉に生えてきたのです。

夫に指摘され、慌てて鏡を見ると面白いくらいたくさんの産毛がありました。

医師も私の髪を見て嬉しそうに「もう大丈夫です。」と言ってくれました。

ただ、産後はホルモンバランスが乱れやすく、気持ちも浮き沈みしがちなため、できればこのまま漢方を続けて欲しいと言われました。

柴胡加竜骨牡蛎湯を飲み始めてから、生理前もイライラすることが減り、とても穏やかに過ごすことができています。髪の毛も今では生え揃い、とても幸せです。