治療のために飲み続けてみた漢方薬の効果と弊害体験記

自分は現在に至るまで頻尿と軽い神経症を患っています

病気になったのは3,4年前くらいで映画を見ていたら急激に耐えきれない尿意に襲われ

トイレに行きましたが尿意が収まらず異常を感じた自分は病院に行くことにしました

 

泌尿器科を勧められて受診を受けることになりましたがなにせ初めてで多少不安でした

検尿や軽い問診を終えてとりあえずはよく処方するといわれたお薬を頂き

帰りました(特に異常はありませんでした)

 

しかし数週間経っても症状は変わらず非常に困っていました

薬も数種類試し検査もしましたが異常は出ません

結論は精神由来の頻尿かもしれないという答えでした

取るべき道は3つで強引にきつい検査で更に調べるか(意味は薄いと言われました)

きつい薬を更に服用して試すか(新薬等)

そして自然的な治療に頼るかという選択肢でした

 

つまりはここで漢方という選択が出てきます

ただし効果は確証出来ない事と値段も少し張る事を注意されましたそれでも今は縋るしか無いと受諾することにしました

 

ここからが漢方を飲み始める体験となります

 

まず思ったのが確かに高いです

普通の薬も高いのですが(泌尿器科は)合わさるとちょっとした金額になります

 

更に値段と直結する理由は恐らく量です

粉の物を2種類と錠剤を1種類飲むことになりましたが毎食飲むので合わせて一日に9包飲むことになるわけですからそりゃ多いですよね

 

後は癖があるものもあります匂いや味等粉は特に溶けやすいので一気に飲めないときついです

 

そんなこんなで飲み続ける生活をおくるのですが結局どうなったかというとあまり劇的な改善は見られませんでした

ですが全く効かないというわけでもなく飲み続けることでのプラシーボや実際の効能による効果は確かにあると思います

 

副作用があまりないのも良い点だと思います

その後結局漢方と普通の薬を規定内の量で服用するようになるのですがやはり一般的な処方薬は漢方に比べて副作用が強いです

(主に便秘や腹痛等) 故に漢方を試して飲むメリットはあると思います

 

ここからは個人的感想ですが飲もうと思う方はきちんとした病院または専門医に頼ることをお勧めします

 現在はドラックストアの市販品や怪しげな漢方店も普通にありますので安易に買わず(値段が高い場合もありますので)専門の医療機関で処方してもらうのが良いと思います

 

自分はそこまでの効果は得られませんでしたが個人差があると思いますのでお悩みに症状がある方は是非試してみるのも良いと思います

以上で自分が漢方を体験したお話は終りとなります

見て頂いた方のご参考になれば幸いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です