産後の抜け毛とホルモンバランスを整えるために、漢方を服用しました。

産後の抜け毛が酷く、円形脱毛症も発症してしまいました。

外出をする際は帽子が必須で、泣きたくなりました。

円形脱毛が出来た時にこれは異常だと感じ、近くの皮膚科を受診しました。

医師は私の髪を引っ張ったり、器具を使って見たりしましたが結局「ホルモンバランスの乱れからくる脱毛症」としか言われませんでした。

脱毛症は特効薬がないので、血行を良くする塗り薬だけを処方されました。

塗り薬をふりかけても、効果のほどは感じられませんでした。

それより、一向に抜け毛が減らないことが不安でたまりませんでした。

このまま全部抜け落ちて、カツラ生活になってしまうのだろうか。

そんな不安が常に頭の中を駆け巡り、産後ということもあってわたしは情緒不安定になっていきました。

育児でてんてこ舞いの毎日でしたが、ふと鏡を見た時の悲しみは何とも言えません。赤ちゃんの前でないてしまったこともあります。誰とも会いたくないと気持ちも塞ぎ込みがちになってしまいました。

心配した夫が、色々と髪の毛のことを調べてくれて、脱毛症に強い病院を見つけてくれました。その頃にはわたしの髪は地肌が見えるほどで、本当に悲惨でした。

脱毛症の専門医とされる医師に今までの経緯を話しました。女性医師だったのでとても話しやすかったです。その医師はわたしの髪の状態を調べ、毛根が細くなっていることを指摘しました。産後の抜け毛はよくあることですが、私の場合は症状がかなり酷く出ていると言われました。

そして漢方を飲んだことがあるかと聞かれ、私は首を振りました。脱毛症に効果のある漢方があるのですが試してみませんか、と言われました。漢方なら副作用も少ないので、安心して飲めることも教えてくれました。

できることは何でも試したいという気持ちだったので、私は漢方治療を始めることにしました。処方された漢方は、柴胡加竜骨牡蛎湯という舌を噛んでしまいそうな名称のものでした。1日3回食前に服用します。

はじめは慣れないニオイにウッとなりましたが、慣れてくればささっと飲めるようになりました。

美味しく飲めるのは、その漢方が自分に合っているからだということを聞き、私は少し嬉しくなりました。

漢方は効果がで始めるのが遅いようで、最低3ヶ月は待ってくださいと言われました。即効性のある薬より、私にはゆっくりジワジワ効いてくれる方が安心でした。

飲み始めて2ヶ月を過ぎた頃のことです。抜け毛がピタッととまりました。そして飲み始めて3カ月後には産毛のような細い毛が一斉に生えてきたのです。

夫に指摘され、慌てて鏡を見ると面白いくらいたくさんの産毛がありました。

医師も私の髪を見て嬉しそうに「もう大丈夫です。」と言ってくれました。

ただ、産後はホルモンバランスが乱れやすく、気持ちも浮き沈みしがちなため、できればこのまま漢方を続けて欲しいと言われました。

柴胡加竜骨牡蛎湯を飲み始めてから、生理前もイライラすることが減り、とても穏やかに過ごすことができています。髪の毛も今では生え揃い、とても幸せです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です