白湯を飲んで温かいお茶を飲んでダイエット

「ダイエットのためー」というわけではないのですが、今の職場が寒すぎて結果ダイエットになっていると思います。

とにかくもう、暖房の効きも悪くてさむーい事務所なわけですから、私は耐えるためにも、「温かい飲み物」を飲むようにしているのですよね。

 

その「温かい飲み物」とは、今の職場に異動になってから最初こそは温かいお茶をいれてのんでいたのですが、しかしその余裕も最近ではなくなって今では白湯を飲んでいますよ。

しかしこれが身体にいいようなのですよね。

 

ものすっごくうろ覚えな知識なのですが、アーユルヴェーダ的な健康法でも「白湯を飲む」ということをやっていたように思います。一時期、私の会社の先輩がアーユルヴェーダにはまっていて、それで職場にポットいっぱいの白湯を持ち込んでいたのですよね。

 

その当時の私はまだ若かったこともあって、「いや、息抜きに飲むなら味のついた飲み物を飲みたいでしょ。白湯なんて味がついていないじゃん。魅力ないわ」ぐらいに思っていたものです。

もちろん心の中でだけですが。

 

しかしもう40代も目の前に迫っているぐらいにの年齢になっている今の私には、白湯ってとっても優しいのです。身体に優しい感じですね。

むしろ、コーヒーや紅茶などの刺激の強い飲み物をだんだんと受け付けなくなっています。いやもうこればっかりは嗜好品ですし、「人による!」というところでしょうけれど、しかし私の場合はこんな感じなのです。

 

年齢とともに食べる量は減っていて、そして自然と痩せてきているとは言いますが、しかし贅肉はキープですからね。

体重は減っても贅肉はキープされているということで、おそらく筋肉がなくなってきているのでしょう。それで体重が減っていると。

 

しかしダイエットを長年頑張ってきた私からすれば、それでも十分に嬉しいのです。

そして私がこれまでぶくぶくだらだら太っていた原因のひとつである「職場での間食」が、実は最近では「白湯を飲む」ということによって防ぐことができていますからね。

 

もうね、職場が寒すぎて。それで優雅にお菓子をつまんでいる気持ちにはなれないのですよ。とにかく身体を温めたくて。

しかしお湯を入れなおしにいくのも面倒臭くて、それで結果的に白湯を飲んでいるダイエット的なものになっていますが、しかし確かにダイエット効果が出ていますからね。

 

なにより白湯を飲むダイエットによって、身体がキレイになっている感じを受けますね。身体の血液が今ではサラサラ流れていくイメージです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です